さいとぴあ 初心者向けトレーニングルームまとめ

Posted onLeave a commentCategoriesダイエット, フィットネス

さいとぴあについて


九大学研都市駅から徒歩1分圏内にある総合コミュニティ施設。

体育館、多目的ホール、会議室、和室、図書館などを備えており、地域のコミュニケーションの場として賑わっている。
ここではさいとぴあのトレーニングルームについてまとめていく。

 

■アクセス
【住所】福岡県福岡市西区西都2-1-1 ( JR筑肥線「九大学研都市駅」)
【電車】博多駅から約30分、天神駅から約25分。(福岡市地下鉄空港線、姪浜駅からJR筑肥線に乗り換え、九大学研都市駅まで)JR筑肥線「九大学研都市駅」より徒歩1分
【バス】昭和バス「九大学研都市駅バス停」より徒歩2分

■営業時間
・コミュニティ施設・体育施設
9:00から21:00まで(多目的ホールは9:00から22:00まで)
<休館日>毎月最終月曜(祝日のときは翌日)、及び年末年始(12/28~1/3)

・西部図書館
10:00から18:00まで
<休館日>毎月末日(土曜、日曜、月曜、または休日の場合はその日以降の平日)、及び年末年始(12/28~1/4)

■利用料金と利用方法

窓口の券売機でトレーニングのチケットを購入しよう。

利用時間は一枚につき2時間だ。

一般 260円
高校生130円
小中学生90円

高齢者・障がい者 無料
※時間超過の場合は超過料金が発生。

利用時の服装

・運動に適した体操服、トレーニングウェアを着用
・屋外で未使用の体育館シューズ
・ジーンズ、Yシャツ、カジュアルな服装はNG
・シューズなしは不可

なおトレーニングウェア等のレンタルは無い。

利用規約等詳しくはさいとぴあホームページ参照

➡︎http://www.saitopia.info

 

トレーニング設備に関して

さいとぴあは他の市営体育館に比べて初心者でも取り組みやすい環境が整っている。
館内はスタッフが巡回している為、使い方がわからない場合は気軽に訪ねてみよう。
困った時は声をかけてくれるはずだ。

有酸素系


時間はかかるが少しずつ体脂肪を落とすことができるマシンたち。
好みにあったマシンを選ぼう。
「エアロバイク」 5台

「歩行マシーン」2台

「ランニングマシーン」5台

トレーニングマシン類


バーベルやダンベルは怖い!といった方や正しい動きで筋トレがしたい方向けのマシン。
なかなかジムでしか扱うことのできないものが多い為チャレンジして頂きたい。

「チェストプレス」1台

胸を鍛えるトレーニングを行うことができる。
ベンチプレス、腕立て伏せに近い動き。

「ラットプルダウン」1台

背中を鍛えることができる。
広い背中が欲しい人に。
懸垂と同じような動き。
ボルダリングをする人は必須トレーニング。

「レッグエクステンション」1台

脚のモモの部分を鍛えることができる。
重量は軽めから始めるのが良い。

「ヒップアダクター」1台


お尻、モモの内側を鍛えたい方へ。結構きつい。

「ロータリートーソ」1台


腹筋の横部分、体幹を鍛えたい方に。

「シーテッドレッグカール」1台


モモの裏側を鍛えることができる。
なかなか普段は鍛えることができない部位。

フリーウェイト


少し上級者向け。ダンベルは1キロからある為、初心者も女性でも気軽に取り組める。

「ダンベル」1キロから20キロ×2個


ダンベルは工夫次第で全身を鍛えることができる。
胸、脚、背中は重めで。その他は軽めの重量でやってみよう。

「パワーベンチ」2台


このベンチとダンベルを組み合わせることで胸や背中を鍛えることができる。

「背筋マシン」1台

反るようにして背中を鍛えるマシン。腰を痛めないように注意しよう。

「腹筋ローラー」各1個


腹筋に強力な負荷をかけることができる器具。
使用する場合はストッレッチマットの上など床に傷がつかないよう注意しよう。
これも腰を傷める恐れがある為注意しよう。

 

利用上の注意点

・利用券は出る際にも必要な為無くさないように注意しよう。
・トレーニングルームでの喫煙(当たり前)、飲食は禁止。(水分補給はOK)
・水分補給はキャップ付きのものを使用すること
・着替えは更衣室を利用すること
・体調管理に注意し、無理な運動はしない。
・他の利用者の迷惑のかかる行為は禁止

 

引用・参考資料

さいとぴあ公式ホームページ、さいとぴあ利用案内

 

 

福岡市の市営体育館まとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です